コーティングセンター

すべてはお客様のために

日本は世界有数の最先端技術国です。 多くの技術開発は国内、または日系企業と共同で推進されており、それは工具業界でも変わりありません。日系工具メーカーは、世界市場で20パーセント以上のシェアを占めています。 この技術が高度に発展した将来性のある市場は、CemeConにとって極めて有望です。

より身近なコーティングテクノロジー

HiPIMSは未来のコーティング技術であり、多大な可能性を導きます。ホース ヘッズ村(米国)で開催された3つのライブイベントで、CemeConの顧客は全ての 生産プロセスと技術の利点を肌で体験することができ、大変迅速に優れた 結果に到達できることに驚かされました。

イタリア最大のコーティングセンターでCemeConシステムが稼働開始!

Lafer SpA社は四半世紀以上にわたって、イタリアのピアチェンツァでコーティング工場を運営しています。同社は設立当初から切削工具のコーティング用に、最高級のCemeConスパッタ技術を採用しています。好調な成長に伴い、Lafer社はこの度CC800®/9 XLコーティングシステムを2台導入して、生産設備を増強しました。

存在感を増すダイヤモンド

ダイヤモンドコーティングは、次の素材を経済的に機械加工するためには欠かせないものです。その素材には、グラファイト、緑色の焼結炭化物、複合材料、高シリコンアルミニウムや金属基複合材料などが例として挙げられます。

HiPIMSによるヘッド部の最適な保護

取り替え式ヘッドシステムは、機械加工において現在主流のシャンクの代替品として人気を集めています。 この取り替え式ヘッドは、反復作業の高い正確性と非生産時間の短さがセールスポイントです。ベースフレームはスピンドルに取り付けられたまま、切削ヘッド部だけ取り替えられます。

ノウハウの進化は、加速する

自身の能力について良く知っている人間だけが、自身のお客様に向けて優れたアドバイスやサポートをすることができます。 これが、ARNO Werkzeuge社のアプリケーションエンジニアが、ヴュルゼレン市のコーティングセンターで一日を過ごした理由です。

どんな面でも対応するサービス

ハイパワー・インパルス・マグネトロン・スパッタリング(High Power Impulse Magnetron Sputtering、HiPIMS)コーティングが施されたインサートチップは、 標準的な用途と必要に応じた特殊な作業の両方のパフォーマンスを最大限に発揮するためのカギとなります。