「お客様の言語でご対応」

CemeCon 全拠点のセールスチームがヴュルゼレンに集う

CemeCon 全拠点のセールスチームが「Meet&Train」に集まると、いつも創造的な活気にあふれています。 定期的に会合することで情報交換が進み、人との絆とコミュニケーションが強化されます。 同時に、レベルの高いカスタマーサービスを世界中で、市場ごとに異なる要件や文化にぴったり合わせて確実なものにするためです。

「グーテン・モルゲン!」「グッド・モーニング!」「こんにちは!」「ニーハオ!」 と、「Meet&Train」での朝の挨拶は、いろいろな言語が飛び交います。 その後、非常に活発な会議に移りますが、言語はもちろん世界共通の英語です。 本年の開催地はドイツで、ヨーロッパ、中国、米国、日本、韓国から同僚が集いました。 ヴュルゼレンの切削加工工具向けコーティングセンターは世界最大で、プレミアムコーティング技術の高度な技能研修、また人的交流を積極的に進めています。

CemeCon のドイツ拠点には、世界最大のコーティングセンターがあり、全地域のセールスチームが定期的に集まってトレーニングや情報交換を行っています。

「定期的に会えるのは素晴らしいですね」と CemeCon Inc.(米国ニューヨーク州ホースヘッズ)、アカウントマネージャー、クレイグ・モートン(Craig Morton)博士は、2 日目の昼食時にこう語っています。 ピザやパスタを食べているときも、HiPIMS やダイヤモンドコーティング材料、工具の形状、切削加工の成果を話題に、たくさんの会話が交わされています。 エグゼクティブ・ディレクター・セールスを務めるベアーテ・ヒュッターマン(Beate Hüttermann)博士は、このような熱心さ理由を、分かりやすくこう語っています。 「世界中から集まった全員が、お客様に役立てていただいたぴったりのソリューションを、同僚に紹介したいと思っているのです。 こうしてセールスチーム全員のノウハウが結集されるのです。 検討テーマは多岐にわたり、全員が互いに学びあっています!」

異なる市場 – 個別のご相談 – 同じ品質要件

チーム全員が、ご相談が上手くいくための鍵は、お客様の言語を話すことにあると熟知しています。 つまりお客様の要望をくみ取り、お客様の目線で理解することです。 お客様の目線に立つことが実りあるコミュニケーションに役立つことを「Meet&Train」が示しています。 同僚が毎日行っている業務の価値を認め合うことは、この期間を共にする者にとっては当然のことです。 「この信頼感が、チームとして共に働くことを持続させ、帰国後もずっと続いているのです」とベアーテ・ヒュッターマンは確信しています。

思考はグローバル – 行動はローカル: 市場、お客様のニーズ、文化はアジア、ヨーロッパ、米国で異なります。 CemeCon は、現地に応じて全く別個に – 常に同じ 品質要件、同じプレミアム製品を、 同じ高度なご相談レベルでお届けしています。

ベアーテ・ヒュッターマン博士、エグゼクティブ・ディレクター・セールス、

「Meet&Train」で重視しているのが、最新技術全般にわたるハイレベルのトレーニングです。 特に、ダイヤモンドや HiPIMS コーティング開発が世界中で続けられ、注目が増している現在、こういった研修は特に重要です。 ここでは、貴重な体験を共有し、知識や結果を発表します: 「同僚から、様々な市場が変化しつつある中で、困難な課題をどう克服してきたのか、といった話を聞くと、大きな刺激になります。 例えば、ステンレス鋼加工向けの新形状工具のコーティングで、ドイツで InoxaCon® を使用したものです」と CemeCon 中国の販売部長を務めるジミー・チャンは語っています。 こうして全セールスチームが、これまでよりも大きな価値を自国市場のお客様に持ち帰るのです。 それでは「アウフ・ヴィーダーゼーエン!」「シー・ユー・アゲイン!」「さようなら!」「ツァイチェン!」