HiPIMSによるヘッド部の最適な保護

このバッチ処理のスマートソリューションは、あらゆる種類のインターフェースに対応し、反復作業のなかでの最大限の正確性を保証します。

取り替え式ヘッドのためのハイパフォーマンスのプレミアムコーティング

取り替え式ヘッドシステムは、機械加工において現在主流のシャンクの代替品として人気を集めています。 この取り替え式ヘッドは、反復作業の高い正確性と非生産時間の短さがセールスポイントです。ベースフレームはスピンドルに取り付けられたまま、切削ヘッド部だけ取り替えられます。 ハイパワー・インパルス・マグネトロン・スパッタリング技術(HiPIMS)のコーティングを活用することで、ユーザーは生産性をさらに向上させることができます。CemeConは、反復作業のなかで最大限の正確性を実現するため、バッチ処理のスマートソリューションを搭載したあらゆる種類の インターフェイスに対応します。

超硬材料がますます希少な材料となるなかで、事前に予測しながらリソースを使用していくことが重要になります。 その結果として、工具メーカーは取り替え式ヘッドシステムに頼るようになります。材料の使用量を極力低く抑えるためです。 「これらの取り替え式のヘッドは、機械加工の強い負荷に対して、他のシャンクの競合製品と同等の耐性を備えていなければなりません。 弊社の最新のHiPIMS コーティング素材『FerroCon®』、『InoxaCon®』や『AluCon®』の活用は、この需要に応え、工具の パフォーマンスを向上させるための手段となります。 それらの製品の目を見張るような優れた特性のおかげで、例えば、切削速度は向上し、表面のクオリティも改善されました。 これは、取り替え式ヘッドシステムですら、さらに経済的なものにします。」と、CemeConの回転工具プロダクトマネージャーを担当するManfred Weigand (マンフレート・ヴァイガンド)氏が話します。 

しかしながら、切り刃のヘッド部分のコーティングはとても困難なものです。というのも、非常に多くの種類のアダプターシステムを考慮に入れる必要があるためです。 CemeConは、そのためのスマート ソリューションを用意しています。 「私たちは、特別な受入システムを使用しています。このシステムは、製造メーカー個別のインターフェースと、効率的なコーティング作業において十分な汎用性の両方を兼ね備えています。 このアダプターは、コーティングが施される必要のない取り替え式ヘッド部を指し示し、カバーをかぶせます。これにより、システムは、コーティングを行う部分を明確に区切ることができるようになります。 弊社のソリューションによって、高いレベルの作業プロセスに対する信頼性を保証します。このことが、弊社のお客様が、常に同一のコーティングの特性を備え、一貫して高い 品質の工具を常に受け取ることを確実にします。 数千のコーティングが施された取り替え式 ヘッドが物語っているように、この製品は成功を収めています。」とManfred Weigand(マンフレート・ヴァインガンド)氏は説明しました。