HiPIMS コーティングサービス、日本で
順調にスタート

急成長している名古屋の コーティングセンター

2020年、年頭より、名古屋に新しく設立したコーティングセンターで CemeCon株式会社は、日本のツールメーカーにダイヤモンドコーティン グを提供してきました。現在ではHiPIMS技術も提供するようにサービス を拡大しています。

CemeConは、ダイヤモンドコーティングでもHiPIMSコーティングでも、どちらの技術にも 秀でているグローバルリーダーです。様々な切断アプリケーションに対応した優れたソリューションを提供しています。日本は、とりわけ高度な技術と将来を見据えることが求められる市場であり、今まさにCemeConのオーダーメイドサービスが求められていることは、間違いありません。2020年に名古屋にコーティングセンターを開設し、日本のツールメーカーは、より高性能なコーティングを利用しやすくなりました。「名古屋にコーティングセンターを設立する以前も多くのツールメーカーが 弊社のコーティングに高い関心を示していましたが、納期が長く、物流が煩雑であることが、度々障害 でした。」CemeCon社の社長であるアレクサンダー・マルクサーは、語ります。

CemeCon社のマネージメントチーム:(左から)インターナルセールスマネージャー、李 恩美、IT&サー ビスマネージャー、マイク・ロメオ・マイヤー、セールスマネージャー、小林友和、と社長のアレクサンダー・マル クサー

「昨年は、全世界的に特別な試練がありましたが、それでも我が社のダイヤモンドコーティングサービ スは、成功したスタートを切りました。 制限があるにも関わらず、多くのお客様がこのセンターを訪 れ、我が社の技術と機能に好印象をもって頂いています。 新しく導入したHiPIMSコーティング 装置によって、私達は、日本でご提供できるサービスを更に新しい上のレベルに引き上げることが出来 たと確信しています。」

ダイヤモンドかHiPIMSかーCemeConの卓越した技術でツールコーティングに関するあらゆる問題に対応 し、名古屋のツールメーカーをサポートするCemeConの専門家達

コーティングサービスに加えて、お客様は、『ライブバッチ』という、実際に生で、コーティング技術 とメリットを直接ご自身で体験する機会があります。これによって、お客様は、ご自身のツールを装置 にいれてコーティングすることが、可能です。また、名古屋の研究開発のエンジニアたちは、ツールメ ーカーのお客様に最良のコーティングソリューションを非常に短時間で助言できるサポートも行ってい ます。更に、サポート部門の技術者が名古屋から直接、日本と韓国のお客様に設置されたシステムのサ ービスとメンテナンスも行います。

アレクサンダー・マルクサーは、更に付け加えます。「私達のお客様方は、CemeConコーティン グの高い性能に非常に満足されています。そしてそれ以上に、今では、更に短い納期で商品をお届けで きるというメリットもあります。」世界中どのCemeConのコーティングセンターでも、均一な高品質のコーティングが提供できることが保証されています。それは、CemeConの方法と 生産を一か所に集中的に完成し、それらを世界中の各支社それぞれに提供できるからこそなのです。

ダイヤモンドコーティングに加えて、CemeCon社は、HiPIMS コーティングも提供しています。

2020年の9月に小林友和がCemeConの新しいセールスマネージャーとして加わりました。彼は、長年ツール業界でのキャリアが豊富で、以前は、世界で2番目に大きいツールメーカーで働いていた経歴があります。切削工具のエキスパートとして、CemeConのお客様に最善のアドバイスを 提供しています。小林は、「ここ名古屋のオフィスは、非常に高度な技術と快適な職場環境が備わって います。従業員は、大変居心地が良く、ここで働くことに誇りを持っています。お客様からのフィード バックも圧倒的に良く、お客様は、単にここで、優れたコーティングソリューションの情報を得るだけ ではなく、このコーティングセンター自体が、皆さんの技術交流の拠点になりつつもあるのです。