決定的な利点

CC800® HiPIMS が、プレミアム工具の新市場を切り開きます

柔軟性、最高の品質、短い納期 – まさに個別の工具ソリューション、小ロットでも: 社内のコーティングラインには多くの利点があります。 そのため Kanne Premiumwerkzeuge 社は、すでに2007年から CemeCon の設備技術を導入しています。 同社では今、最新世代の CemeCon-HiPIMS 設備を使用して、コーティング能力を次のステップに進めています。

Kanne Premiumwerkzeuge 社は精密工具のエキスパートで、生産チェーン一式を一括して提供しています。 「複雑な高性能工具、また量産メーカー製で当社で再研削、コーティングした工具も、製品寿命を通じて高いパフォーマンスを発揮し続けています。これは当社スパッタコーティング用ラインが CemeCon 社製であることと無縁ではありません。 当社では CC800® HiPIMS を使用して、 切削加工企業にもっと高性能な製品をお届けしたいと思っています。」と Kanne Premiumwerkzeuge 社社長で工学ディプロム(Dipl.-Ing.)の学位をもつ、フォルクマール・カンネ(Volkmar Kanne)氏は語ります。

HiPIMS 技術は他の方法に比べて、多様なバリエーション、精度、経済性で明らかに優れたものです。 そのためコーティングの新材料は、ずっと迅速に、また正確に開発できるようになります。 コーティングは極めて硬く、強靭で、付着性が強く平滑で、公差は極小です。 さらに CC800® HiPIMS は完全自動、低保守で、迅速かつ容易に変更できる上、1 時間あたり最大 2 μm と高速なコーティングが可能です。

Kanne Premiumwerkzeuge 社は、再研削からコーティングまで、製造チェーン一式をお届けしています。

新規ターゲットグループに到達

フォルクマール・カンネ氏(工学ディプロム): 「CemeCon との緊密な協力関係のおかげで、当社は常に最新のコーティング材料を手にすることができます。こうして特定用途向けのコーティングを共同開発することが可能になったのです。 CC800® HiPIMS に投資することで、長年にわたって成功を収めてきた協力関係が強化されました。当社の受託コーティングでは、再研削工具向けの HiPIMS コーティングを確立したいと考えています。」

以前からの切削加工業界のお客様に加えて、要求水準の高い工具サービス事業者、また自社で工具研削を行うエンドユーザーが増えつつあります。 Kanne 社がお届けする迅速さ、柔軟さは、まさにこの点で要求されるものです。 ドイツ、ノルトハイム(Northeim)に拠点を置く同社は、幅広いサービスが特長です。 切れ刃の準備、後処理、仕上げ、研磨。

CC800® HiPIMS に投資することで、長年にわたって成功を収めてきた CemeCon との協力関係が強化されました。 技術が新規ターゲットグループを開拓するのです。

Kanne Premiumwerkzeuge 社社長、フォルクマール・カンネ氏(工学ディプロム)

フォルクマール・カンネ氏(工学ディプロム): 「当社は、非常に多岐にわたるお客様にとって、一つの多機能ツールであることに特化しています。 そのため再研削企業を顧客としています。 当社では、HiPIMS 世代の高性能 CemeCon コーティング でお客様の競争力を高め、新市場を開拓しています!」

Kanne Premiumwerkzeuge 社

Kanne Premiumwerkzeuge 社は1978年創業の切削加工工具、工具サービスのエキスパートです。 最高の要求に応えるべく、約 50 人の従業員でプレミアム工具の製造、販売、研ぎ、コーティングを行っています。 拠点はノルトハイムとアシャースレーベン(Aschersleben)の 2 か所にあり、高い精度と最小の公差で工具生産を行っています。 お客様に合わせた特別ソリューションが当社の強みです。 Kanne Premiumwerkzeuge 社は、要件を満たすべく常に開発を続け、従業員の技能を高め、革新的な設備工学に投資しています。

www.kanne-werkzeuge.de