FACTS Stories

東南アジアにおけるHiPIMSの更なる飛躍

インドや東南アジアでは、機械加工分野が順調に発展しており、高性能な精密工具に熱い視線が注がれています。そんな中、CemeConのコーティング技術を用いて、現地で競争優位に立つ工具メーカーが増加しています。

12 µmコーティングの厚さで最大摩耗量を。

レールやスウィッチ、パイプやクランクシャフトなどの頑丈な機械加工や鋳鉄や鉄材料の回転剥離などで厚い切りくずが落ちる場合、更に長い工具寿命と性能の良い高性能切削インサートが必須になります。これこそが最大摩耗量を達成する唯一無二の方法なのです。

CemeCon理事会の組織再編成

2022年5月からCemeCon本社の中核人物達が新たに業務を引き継ぎます。 監督理事会と執行理事会は、これらの組織の変化を長い間計画し準備してきました。

CemeConの世界共通品質の卓越したソルーション

日本の名古屋のCemeConコーティングセンターに集う多くの精密工具メーカーは、競争の激しい市場で精密工具用のプレミアムコーティングを用いて利益を増やすためのソリューションを求めています。

HiPIMSは、スタンピング技術の新しい分野に新たな利点をもたらします。

過去2年間において電子部品ほど、需要がある製品はありません。また、プラグとプラグコンタクトをもたない電子機器などありません。1,000万個以上の大規模な一連の精密なコンタクトを経済的に製造する為には、高性能自動スタンピング機、とりわけ特別に製造された非常に複雑な部品が不可欠なのです。

SteelCon®で硬度をさらに強固なものへ

工具と金型を製造する際には、HRC50を超える高硬度鋼の機械加工が基本となります。しかし、それにもかかわらず、専門家、特に精密工具メーカーにとっては、依然として難しい分野です。使用されるフライスカッターは、かなりの摩耗を受けます。

HiPIMS コーティングサービス、日本で順調にスタート

2020年、年頭より、名古屋に新しく設立したコーティングセンターで CemeCon株式会社は、日本のツールメーカーにダイヤモンドコーティン グを提供してきました。現在ではHiPIMS技術も提供するようにサービス を拡大しています。

ダイヤモンドコーティングなら不可能はありません!

グラファイト電極、歯科用インプラント、スポーツ用品、自動車や航空宇宙向 けの軽量部品、パンチやダイなど、ダイヤモンドコーティングは、様々な用途 や材料に使用されています。CemeConは、お客様が最高の結果を得られ るように、あらゆる条件に対応するお客様に合ったソリューションを提供致しま す。

超硬合金の切削加工を更に経済的に –従来の侵食ではなく CCDIA®CARBIDESPEED®で フライス加工

超硬合金の切削加工は、侵食や研磨よりはるかに大きな利点をもたらします。 例えばより短いサイクルタイム良好な仕上げ面、環境に優しい機械加工 腐食のない複雑な輪郭の形成など。 新開発の CCDIA®CARBIDESPEED®でCEMECONは、工具メーカー に更に最適なダイヤモンドコーティングを提供し、どんなに過酷な環境であっ ても工具メーカーが、最も経済的に超硬合金の切削加工を理想的に可能にする 条件を掲示します。

FERROCON®QUADRO – 最大12 µmの厚さの HiPIMS コーティング!

従来では、切削工具に厚いコーティング被膜を施すには、製造業者は、実現性 に限りがあるCVD コーティングプロセスにしか頼らざるを得ませんでした その結果、異なるコーティングの層の厚さには、異なるコーティングの技術が 必要でした。

すべてはお客様のために

日本は世界有数の最先端技術国です。 多くの技術開発は国内、または日系企業と共同で推進されており、それは工具業界でも変わりありません。日系工具メーカーは、世界市場で20パーセント以上のシェアを占めています。 この技術が高度に発展した将来性のある市場は、CemeConにとって極めて有望です。