FACTS Stories

存在感が増すダイヤモンド

ダイヤモンドコーティングは、次の素材を経済的に機械加工するためには欠かせないものです。その素材には、グラファイト、緑色の焼結炭化物、複合材料、高シリコンアルミニウムや金属基複合材料などが例として挙げられます。

HIPIMSを活用したヘッド部の理想的な保護

取り替え式ヘッドシステムは、機械加工において現在主流のシャンクの代替品として人気を集めています。 この取り替え式ヘッドは、反復作業の高い正確性と非生産時間の短さがセールスポイントです。ベースフレームはスピンドルに取り付けられたまま、切削ヘッド部だけ取り替えられます。

すべての面で対応されたサービス

ハイパワー・インパルス・マグネトロン・スパッタリング(High Power Impulse Magnetron Sputtering、HiPIMS)プレミアムコーティングが施された切削用インサートは、標準的な用途と必要に応じた特殊な作業の両方のパフォーマンスを最大限に発揮するためのカギとなります。

新たなスターの誕生

自動車や航空機、風力タービン、そしてスポーツ用具のように複合的な製品を製造する際には、強い耐性を維持しながら軽量化を進めることが求められます。そのため、炭素維持強化プラスチック(CFRP)、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)、およびCFRPとチタンの複合材やCFRPとアルミニウムの複合材のような、軽材料の使用が不可欠です。

最良の結果に向けた確かな事実 – HiPIMS を使用した高硬度加工

HiPIMS コーティングした切削インサートは、鍛造、鋳造の金型製造の考え方、作業方法を根底から覆すものです。 最良の結果に向けた確かな事実。この信念に従い、硬質金属と工具のスペシャリスト、Boehlerit 社は CemeCon と協力しています

CemeCon の切削インサート製造のエキスパート、エリック・クニップラート(Eric Knipprath、写真中央)が、ベルゴロドの SKIF-M 社チームをトレーニングしました。

航空産業は、新材料、また新材料の組み合わせで新たな道を切り開いています。 飛行機は常により軽量に、より資源にやさしいものである必要があります。経済的な加工に役立つのは、革新的な工具システムだけです。

想像を超えるインド: CemeCon ダイヤモンドコーティング設備がインドでパイオニアとなる業績を上げました。

IND-SPHINX Precision Ltd. 社は、ヒマラヤ山脈の麓に拠点とする機械加工の高精度工具メーカーで、用途はプリント回路基板製造、半導体技術、航空、医療技術、マイクロ加工です。