FACTS Stories

HIPIMSを活用したヘッド部の理想的な保護

取り替え式ヘッドシステムは、機械加工において現在主流のシャンクの代替品として人気を集めています。 この取り替え式ヘッドは、反復作業の高い正確性と非生産時間の短さがセールスポイントです。ベースフレームはスピンドルに取り付けられたまま、切削ヘッド部だけ取り替えられます。

ノウハウの進化は、さらに加速する

自身の能力について良く知っている人間だけが、自身のお客様に向けて優れたアドバイスやサポートをすることができます。 これが、ARNO Werkzeuge社のアプリケーションエンジニアが、ヴュルゼレン市のコーティングセンターで一日を過ごした理由です。

ステンレススチールにとって、最適な選択

機械から、階段の手すり、食卓用の金物、自動車、船舶や航空機まで。ステンレススチールは、日常生活のほぼ全ての領域で見かけます。つまり、この金属素材は外的環境からの影響を受けやすいところで使用されるので、サビ付いてはいけないのです。

すべての面で対応されたサービス

ハイパワー・インパルス・マグネトロン・スパッタリング(High Power Impulse Magnetron Sputtering、HiPIMS)プレミアムコーティングが施された切削用インサートは、標準的な用途と必要に応じた特殊な作業の両方のパフォーマンスを最大限に発揮するためのカギとなります。

新たなスターの誕生

自動車や航空機、風力タービン、そしてスポーツ用具のように複合的な製品を製造する際には、強い耐性を維持しながら軽量化を進めることが求められます。そのため、炭素維持強化プラスチック(CFRP)、ガラス繊維強化プラスチック(GFRP)、およびCFRPとチタンの複合材やCFRPとアルミニウムの複合材のような、軽材料の使用が不可欠です。

CCDia®HiSpeed: 最上を一体に

放熱性、耐酸化性、安定性、馴染み特性、伝導性、CemeCon の 2 つの先端技術、つまり HiPIMS とダイヤモンドの結合が、コーティング材料にかつてなかった新クラスを可能にします。

飛躍をもたらす HiPIMS

中国市場は成長を続けています。特に自動車産業、3C 産業(コンピュータ、通信、家庭用電化製品)です。 高性能な工具は、複雑で小さな部品を加工する前提となります。

決定的な利点

柔軟性、最高の品質、短い納期は、まさに個別の工具ソリューション、小ロットでも: 社内コーティングラインには多くの利点があります。

最良の結果に向けた確かな事実 – HiPIMS を使用した高硬度加工

HiPIMS コーティングした切削インサートは、鍛造、鋳造の金型製造の考え方、作業方法を根底から覆すものです。 最良の結果に向けた確かな事実。この信念に従い、硬質金属と工具のスペシャリスト、Boehlerit 社は CemeCon と協力しています

CemeCon の高性能コーティング – 極端な厚さでも

フライス、旋削加工は切削インサートを当てて行われます。 対象となる加工品は、実に多岐にわたっています: 風力発電用の数トンにもなるギア、航空機エンジン用のタービンブレードと、あらゆるものが考えられます。

CemeCon の切削インサート製造のエキスパート、エリック・クニップラート(Eric Knipprath、写真中央)が、ベルゴロドの SKIF-M 社チームをトレーニングしました。

航空産業は、新材料、また新材料の組み合わせで新たな道を切り開いています。 飛行機は常により軽量に、より資源にやさしいものである必要があります。経済的な加工に役立つのは、革新的な工具システムだけです。

想像を超えるインド: CemeCon ダイヤモンドコーティング設備がインドでパイオニアとなる業績を上げました。

IND-SPHINX Precision Ltd. 社は、ヒマラヤ山脈の麓に拠点とする機械加工の高精度工具メーカーで、用途はプリント回路基板製造、半導体技術、航空、医療技術、マイクロ加工です。

CemeCon は米国で製造面積を拡張します。

現在、50 人の従業員が、総面積 3,700 m² で、お客様の注文を受けて、精密工具のダイヤモンド、PVD コーティングを行っています。 製造面積の新規拡充で、重要な北米市場に向けて、2 つの優れた技術をさらに迅速にお届けすることができます。

「当社が必要としていたのが、まさに CemeCon コーティングだったのです」

AluSpeed®は、アルミニウムの外径の旋削加工、またフォームドリル工具を使用した旋削加工で、大幅な改善を達成しました。 特に、切りくずが長い「柔らかい」アルミニウムの種類ででコーティングが確保されます。

トレンドとビジョンを創り出す人へ

Paul Horn GmbH 社は、市場の変化し続けるニーズに敏感に反応してきたことを、これまで幾度となく証明してきました。 同社は精密工具のパイオニアで、トレンドとビジョンを創り出し、迅速かつ柔軟に個別のソリューションを厳密な公差でお届けしています。